さいたま市認可 保育室sora

細やかな保育と子育てサポート

headimg

細やかな保育と子育てサポート

今日お友達とどのようにかかわってどんな喜びや成長があったのかが伝えられるように、少人数でアットホームな園にこだわっています。

密なコミュニケーション
保育園デビューは、お子さんが緊張するだけでなく、「初めてお子さんを保育園に預ける」という事で、保護者の方にとっても不安なことや分からないことばかりだと思います。

保育室soraでは、そういった不安や心配な事を少しずつ解消していくためにも、最初の慣らし保育は毎日お母さんと話し合いながら進めていくようにしています。

『園の様子はこうでした、お家での様子はどうでしょう?』といった、子どもたちの小さな変化に気を付けながら保護者の方との密なコミュ ニケーションを図るようにしているので、「家では見られない子どもの様子が聞けてうれしい」「相談しやすくて助かる」と喜んでいただいています。

夏祭り。保護者の方同士の交流も図れるイベントです

夏祭り。保護者の方同士の交流も図れるイベントです

連絡ノート
連絡ノートは、子どもの成長を振り返る為の大切な記録です。

「こんな事が出来るようになった!」「こんな事をお話してくれた!」「お友達とこんな風に関わって遊ぶことが出来た」といった、園の中での様子がお父さん、お母さんに伝わるようにと、保育スタッフが気付いた事を書かせてもらっています。

保育園によっては、一日の様子を先生とお話が出来ずに帰ってくる事もありますが、たくさんの情報を保護者の方に伝えられるのも、少人数の保育園だから出来る事。

密な連携をとる事で、お子さんの少しの変化にも気づけるようにしたい、というのが私達の考え方です。

 

目が行き届く小規模保育
規模を大きくしてしまうと、スタッフの目も行き届かなくなってしまい、一人ひとりの様子を保護者の方に伝えるのが難しくなってしまうでしょう。

私達が少人数でアットホームな園にこだわるのは、その子が今日お友達と、どのようにかかわって、どんな喜びや成長があったのかを伝えたい、という想いからです。

毎日の出来事や様子は常にお話しができているので、保育室soraで行う年1回の保護者面談では、保護者の方から色々と聞きたいことを質問される方が多く、他の保育園にはない嬉しい特徴の一つだと言えます。

一人ひとりとしっかりと向き合って保育します

一人ひとりとしっかりと向き合って保育します

これも毎日の連絡ノートやお迎えの時のお話などで密なコミュニケーションがとれて、良好な人間関係も作れているからこそだと思っています。

これからも、子ども最優先で、保護者の皆さんとのコミュニケーションはしっかりととっていきたいと考えています。

これは子どもに対しても同じで、大人の考えを上から押し付けることはせず、子どもの自主性や感性を大事にした保育に取り組んでいます。

スタッフが皆、子どもたちの様子を把握出来る体制をとっています

スタッフが皆、子どもたちの様子を把握出来る体制をとっています

保護者の方としっかり協力し合い、こども達の成長を支えていきたいと思っています

保護者の方としっかり協力し合い、こども達の成長を支えていきたいと思っています

先生と呼ばない理由

soraでは保育スタッフは「先生」とは呼ばず、下の名前で「○○さん」と呼ばれています。

これは、保護者とできるだけ近い距離でいたい、気軽に相談できる関係でいたいと思っているからです。

また、子どもは家庭だけ、保育園だけでは育たず、双方の連携が一番大切だと考えています。

保育士はたしかに知識があり、たくさんの子どもを見てきた経験がありますが、働くママやパパを支援し、共に成長していきたいと思っています。

お問い合わせ TEL TEL 048-795-8825 平日:8時~18時

お知らせ・ブログ更新情報

s-blog


s-staff


s-recruit


iventphoto


soranokai-s


PAGETOP
Copyright © さいたま市認可 保育室sora All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.